クビアトの戦いぶりに満足するトスト。「彼は自信を取り戻した」

フランツ・トストは、クビアトがシンガポールGPで自信を取り戻したと確信しているようだ。

 スペインGPでマックス・フェルスタッペンがレッドブルに移籍し、ダニール・クビアトがトロロッソに戻ってきた。そして最近のトロロッソは、アップデートがもたらされないフェラーリの旧型パワーユニットの影響などにより、かなりフラストレーションの溜まる状況が続いてきたが、シンガポールGPでクビアトが、4戦ぶりのポイントをもたらした。

 クビアトはこのレースで、フェルスタッペンを相手にうまく抗戦。トロロッソのチーム代表のフランツ・トストは、クビアトが彼自身の能力を発揮するための自信を取り戻し、状況を打開したと確信している。

「その通りだ」とトストはmotorsport.comに語った。

「彼が戻ってきて、自信を取り戻したのは重要なことだ。これは素晴らしい前進だと思う」

 クビアトのチームメイト、カルロス・サインツはスタートでニコ・ヒュルケンベルグとのインシデントに遭った。その後彼はMGU-Kの故障にも苦しめられ、結局ノーポイントに終わる。トストはシンガポールでもっと多くのポイントを期待していたものの、クビアトの9位フィニッシュを果たした走りは、非常に強力だったと評価した。

「ダニールは素晴らしいレースをしたよ。彼はうまく立ち直って、(フェルナンド)アロンソやマックスに対してよく戦っていた。彼は本当にうまく守っていた。ストレートが遅すぎるために、残念ながら終盤(セルジオ)ペレスを抜くことはできなかったがね」

「彼が素晴らしいレースをし、ポイントを獲得したので、私は彼に非常に満足している。レースでもう2ポイント多く獲得できると予想していたものの、レースとはこういうものさ」

パワー不足によるマシンの限界に苦しむトロロッソ

 トストは、トロロッソはライバルたちに対してパワーで劣るため、残りのシーズン、多くのポイントを獲得するのは困難だと認めた。

 とはいえ、ドイツGPで導入したBスペックパッケージの効果には疑念が残るものの、トストはチームの技術スタッフには何の不満もないと語った。

「それについては、詳細に説明も、コメントもしたくない」と、アップデートに対する最新のフィードバックについて尋ねられた際にトストは語った。

「我々は、空力学という点から見れば、非常に素晴らしいマシンを持っている。シンガポールで示したようにね。それ以外に言うことも分析することもない」

関連ニュース:トロロッソ、引き続き2種類のパッケージを使用

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniil Kvyat
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース