グロージャン「レース後、こんなにがっかりしたことはない」

ロマン・グロージャンは日本GPのドライビングについて「キャリアベスト」と語るも、11位に終わった結果に失望を隠さない。

 ハースのロマン・グロージャンは、7番グリッドからスタートした。しかし、1周目で9番手まで落ち、そして2ストップ作戦で走りきったものの、1ストップ作戦を成功させたウイリアムズの2台に先行され、11位でフィニッシュした。

「今日みたいに、レースが終わった後でこんなにがっかりしたことはなかったと思う。なぜなら、僕はウイリアムズよりもずっと速かったんだから」

 そうグロージャンはレース後に語った。

「僕らはただ、ハードタイヤの寿命を間違えた。最後のスティントのためにピットインするのが、早すぎたかもしれない。しかし、ペースは驚くべきものだった」

 グロージャンは、最初のスティントで履いたソフトタイヤに苦しんでいたという。しかし、ハードを履いた最後の2スティントは”飛んだ”と語った。

「僕はターン1で幾つかポジションを失った。そして、(ニコ)ヒュルケンベルグが僕のすぐ前に来たんだ。僕は彼にクラッシュしそうだった。本当に近かったんだ」

「僕たちは、グリーンなトラックでの最初のスティントで、ソフトタイヤを履いて苦戦したんだ。グレイニングが酷かった。しかし、その後のクルマは”飛ぶように”速かったんだ。それは本当に良かった。僕はすごいオーバーテイクをしたんだ」

「良い結末を迎えられそうだった。すごく近かったのに、まったく残念だ。しかし、何もできなかった」

「正直に言って、僕のキャリアで最高のドライブだった。ノーポイントだったけど」

 ハースは2台揃ってQ3に進出したものの、決勝ではノーポイントに終わった。しかしグロージャンは、チームにとってはそれ以上の価値があると主張する。

「僕らはそれには値しなかったんだ。11位の価値しかない」

「結果については本当に、本当にがっかりだ。でも、アップデートに関してはとても楽観的だ。僕らには良いペースがあったんだから」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース