ザウバー「ドライバーは”才能”で決める。お金じゃない」

ザウバーは、2017年のドライバーラインアップを決めるにあたって、彼らの才能を最優先に考慮するという。

 スイスに本拠地を置くザウバーは今シーズン、難しいスタートを切った。財政的な問題のせいでマシン開発がストップし、将来的にチームが存続するのかどうかという疑問もあった。

 しかし、ロングボウ・ファイナンスとチームの引き継ぎに関する契約を結んだことでチームの財政が向上。マシンのアップデートプログラムを開始することができ、来年への希望が見えた。

 ロングボウ・ファイナンスによる財政支援のおかげで、高額なスポンサーマネーをチームに持ち込めるドライバーを選ぶ必要がなくなり、どのドライバーを採用するのか、より深く考慮できるようになった。

 ザウバーのチーム代表を務めるモニシャ・カルテンボーンは、資金を持っているドライバーを優先的に選ぶことはせず、速さのあるドライバーに焦点を当てることができるようになってハッピーだと主張した。

「私たちは、財政的な理由でドライバーを決めていたわけではありませんが、我々はそうしていると思われています」とカルテンボーンはmotorsport.comに語った。

「財政のことは考慮しないといけませんが、常にドライバーにも目を向けないといけませんし、採用する時にその人物のレーシングドライバーとしての能力を確信する必要があります」

「現状のことではありませんし、我々に限ったことではありませんが、もしお金が必要となったら、おそらく考慮しなければならないでしょう。だから我々のポリシーを変えるものはありません」

「最初に、我々はドライバーを見て、彼の周りの状況や、我々が何を必要としているのかを考えるのです」

 マーカス・エリクソンはおそらくチームに残留するものだと考えられているが、一方のフェリペ・ナッセも、ウイリアムズと接触してはいるが、ザウバーと話し合いを続けている。

 カルテンボーンは、ふたりのドライバーは今年、難しい状況に置かれているものの、シーズンが終わるまでにポイントを獲得することがどれほど重要かを認識している。

「彼らは良いパフォーマンスを発揮していますが、私たちが抱えている問題のせいで今年は難しいシーズンを送っています。その問題も、私たちがどうにかできるものとできないものがあるのです」

「しかしこれまで、彼らは本当に良い仕事をしてきました。マシンを分析して、さらに情報を集め、いま私たちが投入しているものを使えば、ポイントを獲得できると思います」

 さらに彼女は、ドライバー市場は流動的だが、ドライバー決定を急いでいないと話した。

 いつ頃その発表が行われるのかと尋ねたところ、「時期が来ればお話しします。期限は設けていません。用意が整ったら発表します」と答えた。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Felipe Nasr , Marcus Ericsson
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース