スチュワード、ロズベルグの”減速”を確認。ポールポジション確定

スチュワードはロズベルグの予選最終アタックラップでの黄旗無視について、問題なしと結論付けた。

 予選終了から3時間後、ニコ・ロズベルグは予選Q3終盤におけるイエローフラッグ無視の疑いのため、スチュワードに召喚された。ロズベルグは予選最終ラップ、フェルナンド・アロンソのスピンにより”イエローフラッグのダブル振動”が出されている中、最速タイムをマークしポールポジションを獲得することになった。

「確かに、2本のイエローフラッグが振られているのが見えたけど、僕は大きく減速した」とロズベルグは予選後の記者会見でそう主張していた。

 ビデオやテレメトリーデータなどの証拠、およびロズベルグの証言を検討した結果、スチュワードはロズベルグが規則違反をしていないことを認定した。

「テレメトリーのデータは、ドライバーがターン8で大きく減速していることを実証した」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース