セーフティーカーを期待するベッテル「トップ4には入れたはず」

ベッテルは、シンガポールGP予選で2列目を獲得する速さがあったと確信している。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、アンチロールバーの故障によりQ1でタイムを残すことができず、決勝を最後尾からスタートすることになる。

 チームメイトのキミ・ライコネンは週末を通してベッテルより速かったが、予選で5番手に終わっている。にもかかわらず、ベッテルはトップ4に入ることも可能だったと考えている。

「すごく残念だ。マシンは2列目に並ぶために充分な速さがあったと思う」と彼は語った。

「見てて分かったと思うけど、3つのタイヤが本当に機能していなかったんだ」

 ベッテルはアンチロールバーが壊れたまま2周走っており、修理する時間がなかったと語った。

「直す時間がなかったんだ。ピットに戻ってきたかったけど、僕たちはステイアウトすることに決めたんだ。でもその後、(Q2進出の)望みがないことがわかって戻ってきた。問題を解決する時間はなかった」

 彼はまだ、セーフティーカーが入れば良い結果を出せると考えている。シンガポールGPはクラッシュが多発するため、セーフティカーが出動する可能性が特に高いサーキットのひとつだ。

「タイヤをたくさん持っているから、それはアドバンテージになる。最後尾からスタートするのは良くないことだけど、セーフティカーが出れば戻ってくることも出来るさ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース