”タイヤ選択を分ける戦略”、フェルスタッペンとリカルドは事前に承諾していた

レッドブルのホーナー代表は、事前にふたりのドライバーが納得した上で、タイヤの選択を分けたと語る。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ふたりのドライバーの予選Q2のタイヤを分けたことについて、それぞれのドライバーが納得した上での選択だったと主張している。

 ダニエル・リカルドはアメリカGPの予選Q2でスーパーソフトタイヤを使い、自己ベストのタイムを記録した。これは、決勝レースをスーパーソフトタイヤを履いてスタートすることを意味する。一方、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはソフトタイヤでのアタックで、Q2突破を果たした。

 ライバルであるメルセデスの2台は、ソフトタイヤでスタートすることを目指し、フェルスタッペン同様ソフトタイヤでQ2を突破した。しかしホーナーは、スーパーソフトでスタートすることを選択したのは、リカルドの希望だったと語る。

 このように、スタート時のタイヤをふたりのドライバーで分けたのは、今回が初めてのことではない。スパでも、今回同様ふたりに別々のタイヤを履かせた。この時、ドライバーとエンジニアは、事前に戦略を分けることについて合意していたという。

「我々はブリーフィングでそれを議論した」

 ホーナーはそうmotorsport.comに対して語った。

「チームの観点から言えば、我々はふたつの戦略を採ることができ、とても満足している。まだ、それが良かったことなのかそうではなかったのかは、明確にはなっていないがね」

「戦術の面では、それが行われたことは正しい。そしてふたりのドライバーは、彼らが使うことになったタイヤでレースをスタートする意欲を示したんだ」

「ダニエルは、良いスタートを切ることができると思う。それは、ひとつかふたつのポジションを上げることができる可能性がある」

メルセデス、ふたつの戦略をカバーできず

 戦略を分けた原因についてホーナーは、メルセデスを苦しめることを目的としたと主張している。

「明らかに、我々の主な目的はフェラーリを倒すことにある。しかし、我々はただ後ろを見ているだけではない。常に前方にチャンスがないか探しているんだ。うまくいけば、我々はレースに良い効果をもたらすことができるし、金曜日の試したレースペースは非常に良かった。しかも、メルセデスは両方の戦略をカバーすることはできない。どうなるか見てみよう」

「私は、ここでのメルセデスと我々の差は、我々とフェラーリの差に良く似ていると思う。このサーキットは、我々には少し適している。そして、日本(鈴鹿)ほどパワーにセンシティブではない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース