チケット”売り切れ”を狙うメキシコGP。決勝日の来場者を12万人と予想

メキシコGPのオーガナイザーは、今年の決勝日の入場者が12万人まで増加すると予想している。

 メキシコGPのマーケティングディレクター、ロドリゴ・サンチェスはmotorsport.comに、2年目の今年は観客を減らすのではなく、さらに観客を増やすつもりであると語った。

 今年の10月30日のレースでは、追加シートを設けることで、さらに多くのファンが観戦することを可能にするという。

「昨年はスタンドに、大体11万人の観客が訪れた」とサンチェスは語った。

「現在、さらに10%グランドスタンドを拡張している。もし我々が昨年と同じようなポジションにいるなら、この段階でチケットは売り切れているだろう。そうなれば、観客は約12万人に達する」

「この人数を集めるのは簡単じゃない。ターン1の近くにグランドスタンドがあったが、現在は新しい野球のスタジアムを建造している。そのため、オーガナイザーは観戦スペースを減らさないというチャレンジに挑んだ」

「昨年から変わらず存在しているスタンドは、モイゼス・ソラーナ複合コーナーのところにあるものだけだ。それを踏まえて、我々は至る所に細かな変更を施し、いくつかの建造物を変更した。そして今では、5番スタンドの収容数が増えた。また、9-10-11番スタンドにも同様の変更を施している」

「人々からの反応は驚くべきものだ。すでにチケットの95%が売れており、当日は満員となることを確信している」

サーキット外での取り組み

 メキシコGPのオーガナイザーは、サーキットの外でもレースの体験ができると約束している。

「メキシコシティでは、80以上のレストランが営業し、F1にインスピレーションを受けたメニューが提供される」

「トラックを出て食事に行った時、ファンに普通とは異なる味の料理を提供する。我々はパーティーやお祭りの雰囲気を保っておきたい。それが人々が望んでいることだ」

メキシコのイメージアップにつながるF1

 昨年のイベントが国際的規模で成功したことから、サンチェスはメキシコが国際的な魅力を築くことを願っている。

「外国からの観客の反応は素晴らしいものだった」と彼は語った。

「これからも我々の国ができるベストをお見せしていきたい。人々をメキシコに呼び込みたいし、この国に驚いてもらいたい」

「メキシコでこのような大きなイベントを開催するときは、いつも素晴らしい雰囲気になる。F1のおかげで、メキシコがどんな国か、世界中に示すことができる」

「F1は国家プロジェクトだ。連邦政府やメキシコシティの自治体、CIE(メキシコのライブ・イベント会社)と民間企業のコラボレーションがある。これは誰もが、計画、組織、イベントの推進に注力してきた、大きなプロジェクトなんだ」

「我々がこの種のイベントを催すことができると、世界中の人々に示すことが重要なんだ。我々は共に、途方もないことに取り組んでいる」

「近代的な国として、また物事を正しい方法で成し遂げる能力がある国として、メキシコが地位を維持することを期待している。我々は同じ船に乗っているんだ。メキシコはF1から、観光の面や世界から良く認識されるなど、多くのメリットが得られる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
記事タイプ 速報ニュース