トロロッソ、シンガポールに期待と不安。サインツ「今後を占うレース」

サインツはシンガポールGPは、今シーズン残りのレースがどうなるかを占う週末になると語った。

 トロロッソは、最近のレースでペース不足に苦しんでおり、ドイツGPで投入したメジャーアップグレードが、期待通りに効果を発揮していない理由を探している。

 理由を探すために、カルロス・サインツとダニール・クビアトはイタリアGPで、状況の原因を突き止めるのに役に立つかどうか見るために、古いパーツと新しいパーツを互いに集中的にテストした。

 サインツは、このテストの効果はシンガポールGPで現れると考えており、もしチームがそこで良くなれば、シーズンを前向きに終えられると考える根拠になると語った。

「僕らの主な目標は、何が間違っていたのか、明確な解答を持ってシンガポールに行くことだ」と彼は説明した。

「シンガポールは、シーズンの後半の幕開けであり、僕たちが今みたいに苦戦を続けていくか、Q3進出がまたできるようになってポイントを争い、シーズンの後半が悪くないと思えるかどうかが決まる場所でもある」

 ホッケンハイムでアップデートを導入してから、トロロッソの失速は始まっている。しかしサインツは、この状況が、単純に新しい空力パーツによるものであるとは考えていない。

「そうは思わない」とサインツは語った。

「チームも、すべての問題の原因がそこにあるとは考えていない。けど万が一に備えて、お金がかかるにもかかわらず、モンツァに古いパッケージを持ってきて、違いがどこにあるのか比較してみようとした。チームは良い仕事をしたよ」

「チームの素晴らしいがんばり、特にエアロ担当の人たちの奮闘で、ふたつの異なるパッケージの理解を進めることができた。すべてのデータが集められ、現在分析が行なわれている」

 シンガポールでのパフォーマンスはいつも以上に重要になるだろう。マリーナベイ・ストリート・サーキットはパワーの重要性が高いサーキットではなく、トロロッソが使用している1年落ちのフェラーリ製パワーユニットでも、大きく遅れを取ることはないと思われるからだ。

 サインツは「最後に、シンガポールは僕たちにとって鍵になるレースだ。僕たちにとって実際に良いサーキットで、パフォーマンスのレベルがわかるからね。もしシンガポールでも苦戦が続くようなら、その後タフなシーズンが待っているのは明らかだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Carlos Sainz Jr.
チーム Toro Rosso
記事タイプ 速報ニュース