ニキ・ラウダ、ハミルトンを非難

スペインGPの1周目に起こったルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの事故について、元世界チャンピオンでメルセデスF1チームのニキ・ラウダ会長は、ハミルトンの行為を非難した。

 ハミルトンとロズベルグはスタートからトップ争いを続け、第4コーナーで前を行くロズベルグがハミルトンを押さえ込んだ。その時ハミルトンはコースを外れグリーンに飛び出したがブレーキング中にコントロールを失い、スピンしながらロズベルグにぶつかって2台ともその場でリタイアになった。

 この事故の直後、ラウダはハミルトンに対して非難の言葉をぶつけた。

「馬鹿者が。勝てたレースを失ってしまった。ルイスはやり過ぎだ」

 非難の理由を尋ねられたラウダは、「まず、彼らと話してからだ。彼らの説明を聞きたい。話はそれからだ」と、不満を隠さなかった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
記事タイプ 速報ニュース
タグ niki lauda