ハミルトン「スタートでレースが台無しになった」

ルイス・ハミルトンは、スタートのミスのせいで、レースで勝つ機会を失ったと認めた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、予選でチームメイトのニコ・ロズベルグに0.5秒近い差をつけてポールポジションを獲得したが、決勝ではスタートを大失敗してしまった。

 ハミルトンは最初のシケインまでにポジションを6番手まで落としてしまい、そこからポジションを取り戻すことになった。

 ハミルトンは、このスタートの失敗がレースを台無しにしたと認めた。

「明らかに、スタートが悪かったよ」

「僕のエンジニアたちは心配していただろうし、スタートについてナーバスになっていたと思う。だから彼らに安心してもらおうとしたんだ」

「何が起こったのかは僕にもわからない。後で確認してみるよ。僕は普通にすべてをこなしたよ。いつもと同じ手順だ。ひどいホイールスピンをしたのかもしれない。ホッケンハイムでニコに起きたのと似ているね」

「クラッチを合わせられなかった。前にも、クラッチの温度や、クラッチを合わせることについて話したと思う。クラッチをどうしたらいいのか、簡単にはわからない」

 ハミルトンはなんとか2位でレースを終えたが、彼のスタート失敗のおかげでロズベルグは楽なスタートができて、モンツァでの初勝利を果たした。

「ニコが僕を引き離していくのが見えたよ。何かが起きたせいで、周回を重ねるごとに勝利が遠のいていった」

「早い段階で、レースに勝てないとわかった。でも僕は勝とうとした。2位を獲得したし、今日はベストを尽くしたよ」

「ここでオーバーテイクするのは難しかった。また次のレースで頑張るよ」

 今日レース結果によって選手権リーダーのハミルトンと2位のロズベルグのポイント差は、わずか2ポイントとなった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース