ハミルトン、スタートの失敗は”クラッチの問題”

ルイス・ハミルトンは、スタートの失敗でレースが台無しになったと認めたが、この失敗の責任は誰にもないという。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)はオープニングラップでスタートを失敗、1コーナーまでにポジションを6番手まで落としてしまったが、最終的には、優勝したチームメイトのニコ・ロズベルグから数秒遅れの2位でレースを終えた。

 メルセデスはレース後にチームでミーティングを行い、スタートの失敗はハミルトンのせいではなく、クラッチに問題があるとエンジニアたちは話した。

 ハミルトンは、「ドライバーのミスでもないし、誰のミスでもない」と話した。

「僕たちはクラッチを合わせられなかった」

「ホッケンハイムでのニコを見ただろう。今年は何度かこういうことがあるね」

「手順は正しかったと言われた。だけど残念ながら、トルクを解放しただけだった。最初からホイールスピンしてしまったよ」

 またハミルトンは、「チームはクラッチに関してたくさんのことを施した」と語った。

「もちろん、僕たちは改善し続けるし、学び続ける。今日はもう一度それをする必要がある。だけど今年は僕たちにとってより難しい年だ。みんながハードに働かないといけないね」

「いつもいつも同じじゃない。次のレースに向けて何かを変えることはできる。僕たちはこれまでも改善してきたし、一貫性を持って良いスタートをしてきた。だけど、僕たちはまだ今日のような状況で窮地に追い込まれることもある」

「僕たちは毎週様々なスタートの練習をしている。グリップに関しても徹底的に多くの状況を想定しているよ」

「(ホッケンハイムでの)ニコの状況について話したように、あの時と同じことが僕にも何度か起きた。それは僕たちが改善していかないといけないことだ。火曜日にはファクトリーでこれについて話し合うよ。それが僕たちにできることだ」

「残りのレースのためにも、僕たちはもっと多くの情報を手に入れて、これ以上ないくらいに、できるだけここから学んでいくつもりだ。僕たちはポールポジションのためにもがいてるんじゃない。しっかりスタートするためにやているんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース