ハミルトン、スペインGPで新型MGU-Hを使用

メルセデスは信頼性の問題を解消するため、ルイス・ハミルトンに改善されたMGU-Hを提供する。

 ハミルトンは中国GPとロシアGPの予選でMGU-Hのトラブルに見舞われ、ニコ・ロズベルグと争うのを阻止されてしまった。メルセデスはハミルトンを苦しめているトラブルを徹底的に調査し、さらに別の問題が発生する可能性を低減させるため、MGU-Hの設計に微調整を加えた。

 この再設計されたMGU-Hは今週末のスペインGPに向けて準備されていて、金曜フリー走行からハミルトンのマシンに搭載される予定だ。

 このMGU-Hは、今季のハミルトンが使う4基目である。これは、彼が今季、グリッド降格ペナルティを受けることなく使うことができるMUG-Hが、残り1基であるということを意味している。

 一方のロズベルグは、従来仕様のMGU-Hとターボを継続使用する。チームは、今後ロズベルグにも新しいMGU-Hを用意する予定ではあるものの、今回ハミルトンを苦しめたのと同じ問題が発生しないことを願っている。またロズベルグは、2基目エンジン(ICE)とMGU-Kを、スペインGPで投入する予定だ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース