ハミルトン「スペインの一件で、取り組み方は変わらない」

ルイス・ハミルトンは、スペインGPでのニコ・ロズベルグとの接触が、共に仕事をする上での取り組み方を変えることはないだろうと主張する。

 ハミルトンはチームメイトと対戦する上での取り組み方は、将来的に不変であると語る。

「正直なところ、何も変わらない」とハミルトン。

「僕らはレースをし続けるだけだ。今回のようなことが再び起こらないようにする、必要なのはそれだけだ」

「僕らはレースをするだろう。そして、立場はモナコでは異なるだろう。なぜなら、あなたは本当の意味でのこのような種類の機会に直面することはないからね」

 一方、ロズベルグについては、彼はバルセロナで起きたことがどんな打撃を与えるのか、日曜日夜の時点では明確ではなかった。これを明確にするためには、彼はハミルトンと向かい合って、話をしなければならないかもしれない。

「この数日、僕はこれについて考えなければならないだろう。今は何もお話しできることはないよ」と、レース数時間後に彼は語っている。

「現時点では、僕は実にがっかりしている。僕が勝てる、僕のレースだったのに……実に、実につらいよ。僕ががっかりしただけじゃない。みんなをがっかりさせてしまったんだ。僕らはひとつのチームだからね。僕らは常に一緒なんだ」

「僕は、彼らが2台のマシンのためにどれだけ働いているかを知っている。だから、2台揃ってグラベルトラップで終わりを迎えたことは、みんなにとって最悪なことだった。だから、僕はみんなのためにがっかりしているんだ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース