ハミルトンのシート、フリー走行2回目のクラッシュで壊れる

メルセデスは、ルイス・ハミルトンのシートがハンガリーGPのフリー走行2回目のクラッシュで壊れていたことを明らかにした。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、金曜日のフリー走行2回目でターン11入り口の縁石に触れ、コントロールを失った。彼はそのままラウンオフエリアを滑って横切り、タイヤバリアに激突した。

 ハミルトンのクルマには、このクラッシュで12Gもの衝撃が加わった。そのため、いくつかの部品を交換する必要があった。

 しかし土曜日の朝、前日のクラッシュによりシートが壊れている可能性が浮上。そのため、ハミルトンはフリー走行3回目のセッション中にシートを交換している。

 今年の開幕戦オーストラリアGPで発生したフェルナンド・アロンソの事故の際には、彼のシートが割れていたことが確認されている。とはいえ、クラッシュによりシートが壊れるというのは、実に稀な例と言えよう。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース