ハミルトンの燃料システムを変更したメルセデス、「予防措置のため」

ハミルトンとメルセデスは、ハミルトンの燃料システムを交換したことに対して多くは語りたがらない。

 メルセデスのルイス・ハミルトンのマシンの燃料システムは、金曜日の夜に交換作業が行われた。しかし土曜日にトラックへ到着するまで、彼はその問題についてを知らなかったという。そしてその詳細についても話したがらなかった。

 その後、彼は次のように話した。

「多分だけど、それについてはトト(・ウルフ)に聞いた方がいい。彼はよく知っているし、実際、他のことも聞けると思う」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今回の変更は予防措置のために行われたと語った。

「データを見るだけでは、問題なかったか全てを確認することができなかった」

「我々の主な目的は、信頼性の高いマシンを彼らに提供することだ。そうすることで我々は戦うことができる。したがって現時点は、慎重に信頼性を高めている段階だとおそらく思う」

「このシーズンは、トップになるために必要なマシンの信頼性の問題を抱えることが多い。今はそういう時期だ」

 燃料システムの構造変更は、FIAが制限している対象ではない。よって今回の変更が直接的にペナルティにつながることはない。

 しかしハミルトンが意図していたことに対して、ウルフは次のように語った。

「ああ、もちもん特定の部分を変更することはペナルティに値する。我々はペナルティを回避するために最善を尽くしているが、しかし問題もそこにはある」

「申し訳ないが、我々はそれを明確にすることはできない。隣(フェラーリやレッドブル)に知らせるようなことをしたくない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lewis Hamilton
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース