ハース、シンガポールGPでアップグレード投入決定

ハースは今週末、今シーズン最後の空力パーツのアップグレードを投入すると決めた。

 ハースでは、数カ月前からアップグレードのための開発を行っているが、それを今週もレースで投入するようだ。F1参戦初年度となる今年、チームの実力をあげようとハースは改善を続けている。

 ハースは新しいフロントウイングと変更を施したフロアをシンガポールに持ち込むつもりだ。また、空力効率の改善を期待して、ブレーキダクトも変更する。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、このアップグレードはコーナーを走行する際により一貫性を持てるようにするために、コーナーでの敏感性を減らすことが目的だと言う。

「2カ月前よりも、今年のマシンは完全に改善された」

「アップグレードは風洞データに基づいて行われたもので、パーツを開発するのに少し時間がかかった」

「だから、来年に向けてかなり良い準備ができたと思う。これが今年の最後のアップデートだ」

 シーズン後半でのアップデートの投入だったが、シュタイナーは、ここ2カ月間チームは来年のマシン開発のために必死に働いてきたと語った。

「2月から、60%のスケールのマシンを風洞で使ってきた。だけど2月から6月までは、今年のマシンと来年のマシンを同時に開発していたんだ」

「ここ2カ月半は、2017年のマシンを開発することに総力を挙げてきた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Esteban Gutierrez , Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース