ハース、シンガポールでのトラブルを解明

ハースは、シンガポールGPで決勝レースを走ることができなかったグロージャンのトラブルを解明したという。

 ロマン・グロージャン(ハース)は、彼がシンガポールGPを通して苦しんでいた問題は不自然だったと話した。彼はブレーキ・バイ・ワイヤのトラブルでシンガポールGPの決勝レースをスタートできなかった。

 それ以来トラブルの分析を続けた結果、著しく変化する路面状況に合ったセットアップを見つけられなかったことが原因ではないか、とグロージャンは考えている。

「それについては説明があった」とグロージャンは話した。

「見つけるには遅すぎたけど、原因は判明した。今はまた手順を変えて、いつでも期待通りのセットアップでコースに出られるようにしている。困難は乗り切った」

 チームは今回の出来事から学んでいるので、同じトラブルが起こるという心配はしていないという。

「大体のことはかなり良くなっているという答えが出ている」

「まだグラスの水は半分だ。つまり、僕らはうまくいかなかったあの週末から学んできて、今は前進して役に立つような段階を踏んでいる」

「チームの初年度から期待されていることはいくらかあるけど、僕らは一度のレースでやらなければいけないことがたくさんある。それが不運や、学ばなければいけないものであるならば、それほど悪いことではない。願わくば、そこから前進したい」

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、シンガポールGPのFP1でグロージャンがあまり走れなかった問題はターボの問題ではなく、今もその問題を解決しようとしていると語る。

「エンジンやターボプレッシャーの問題解決に取り組んでいる。後ろを振り返るわけにはいかない」

「我々はそのセットアップでうまくいかなかったし、それを使い続けてしまった。そして日曜日にああなってしまった」

「もし良くないスタートを切ってしまったら、そのままキープするしかないが、それ以上後ろに下がることはない。あの時は、インスタレーションラップに出たら、十分なターボブーストがなかったんだ」

「我々は漏れを見つけられなかった。我々は新しいエンジンを使わないといけなくて、そしてFP2が全てだった。彼はリヤからウォールにヒットして、負のスパイラルにはまってしまった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース