ハース「他のチームのドライバー決定など待たない。やるべきことをする」

ギュンター・シュタイナーは、優秀なドライバーと契約できなかったとしても、他のチームの決定を長く待つつもりはないという。

 ハースは、来年もロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスをドライバーとして採用するかどうかを確定させていない。その発表は、イタリアGPの前後で行われるのではないかと見られている。

 他のチームのドライバーラインアップが確定するのを待てば、ウイリアムズのフェリペ・マッサや、マクラーレンのジェンソン・バトン、ルノーのケビン・マグヌッセンといったドライバーを起用できるかもしれない。しかし、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、彼らを待つつもりはないと主張した。

「我々は彼らを待とうとは考えていない。それにはリスクがある。でももし自分がどこにいるのかわかっていれば、将来について不安定な状況にいるよりはいい」

「イタリアGPの後には発表できると、我々は自信を持っている。自分たちのやるべきことをしているからね」

「これでチームが安定して、来年のマシンやパフォーマンスに焦点を向けることもできる」

シンガポールでアップデートを予定

 ハースはすでに2017年のマシンに向けて動き出しているが、チームは今年初めてのアップデートパッケージを、シンガポールGPで投入するつもりだ。

 シュタイナーは、この遅い時期のアップデートは、チームの能力が向上していることを示すプロセスの一部であると話した。

「これらのパーツは、3月から4月にかけて開発され、その少し後から生産を始めた」と彼は言う。

「我々はそれを急ぎたくはなかった。なぜなら、我々はより良い生産体制を、来年のために得たかったからだ」

「ご存じのように、チームにとって2シーズン目となる来年はもっとも難しい年になるだろうし、その状況が続くだろう。だけど我々は、来年ミスを犯さないためにも、できる限りのことをしていくつもりだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Gutierrez , Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース