ハース「来季のラインアップの決定は急いでいないし、ルクレールは時期尚早」

ハースのシュタイナーは、未だ数名のドライバーと話し、来季のニューフェイスを探しているようだ。

 ハースは未だに来季のドライバーラインアップを決定していないようだ。おそらくロマン・グロージャンは来季もハースに残ると予想されるが、エスティバン・グティエレスの将来は不安視されている。

「その時が来たら、なるようになっているだろう」

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、motorsport.comに語った。

「我々は決定を急いでいない、まだ時間がかかるだろうね」

 シュタイナーは、数名のドライバーと話をしたことを認めたが、誰だったのかはもはや未知数だ。

「我々は、有能なドライバーたちの関心を少しだけ掴むことができた。1年前の我々だったら『なぜハースに行かなきゃならないんだ』と思われていたと思う」

「フェリペ(マッサ)が引退することとジェンソン(バトン)が一旦シートを退くことで、ドライバー市場はそんなに大きく動いていない。しかしそれでも需要はある。それは若いドライバーにとって良いことだし、我々も新鮮な流れを作ることができる。そしてその中の何人かが功績を挙げていくことだろう」

「それでも、人は周りを伺う。誰かが移籍した時には、きっとそこで何かが起こるだろうと誰しも考えるだろう。しかし大抵何も起こらないものだ。本当に奇妙な話だ」

 シュタイナーは若いドライバーをサポートをする考えを示す一方、今季FP1で走行したテストドライバーのチャールズ・ルクレールを起用するのは、時期尚早だと考えているようだ。

「我々の見解としては、彼はまだ若すぎるんだ。とてもいい人材だが、GP3やGP2のいずれかに参戦した方がいい。彼はまだキャリアを語れていない。彼のマネージャーであるニコラス・トッドと私は、彼がその考えに賛成してくれるものだと考えている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Gutierrez , Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース