バトン「Q3進出で興奮するのは悲しい」

ジェンソン・バトンは、チームメイトのフェルナンド・アロンソがバルセロナでQ3進出を果たしたその走りについて賞賛をしつつも、Q3進出という目標はマクラーレンのようなチームには低すぎると考えている。

 マクラーレンとホンダは、2015年のジョイント再開以来初めての予選Q3進出を、アロンソのドライビングによって果たした。しかしチームメイトのバトンは、予選後に語った。

「Q3進出で喜んでいるなんて悲しいよ。でも、それが今の僕らだ。ここに来るまでの2年間、本当に長かった」

「フェルナンドはフェアプレーだった。彼は週末を通じてとても速い」

「それはチームにとってとても良いことだ。強いて言えば、Q3に進出するのが、僕らが求めているものじゃない。でも、この結果が、たくさんの人、そしてファンを笑顔にしたのは間違いない」

アロンソ”即興”を演じなければならない

 アロンソはQ3進出によるメリットに満足している。しかし日曜日のレースは、タイヤのデグラデーションにより、困難なモノになると予測している。

「僕らは何のハプニングもなく、Q3に進出することができた。この最初にステップに、非常に満足している。競争力が増していることを、毎日感じているよ」とアロンソは語る。

「レースは、おそらく厳しいモノになるだろう。僕らのデグラデーションは大きい。すべてのチームがそうなんだけどね。今年の内圧が、特にその原因になっている。2ストップで走りきるのは、厳しいと思うね」

「でも3ストップをすると、多くのマシンを先行させてしまうことになる。それもまた大きなリスクだ。だから僕らは、即興で考えるしかないね」

「Q3に進めて嬉しいよ。戦闘力があるのを感じられたからね。でも、レースを考えれば、11位〜13位くらいの方が良かったかもしれない。新品タイヤを使えるからね。10位では、中古タイヤでスタートしなきゃいけない」

「明日は色々と対処する必要があるけど、進化についてはとてもハッピーだよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso , Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース