バトン、パワーユニット交換で35グリッド降格

バトンはパワーユニットの交換により35グリッド降格が決定。日本GPの決勝レースを最後尾からスタートする。

 土曜日に行われた予選では、ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)はペースに苦しみQ1で敗退。17番手からレースをスタートすることになっていた。

 しかしホンダは、シーズン終盤、特にオースティン(アメリカGP)に向けて、新たなコンポーネントを投入する必要があると考え、失うポジションの少ない日本GPでパワーユニットを交換することを決めた。

 これでバトンは、エンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボ(TC)、コントロールエレクトロニクス(CE)、エナジーストア(ES)を新しくすることになり、35グリッド降格が決まった。

 バトンのマシンに投入されるエンジンは、チームメイトのフェルナンド・アロンソが今週末の最初の走行で使用していたアップデート版のエンジンブロックも含む。このエンジンブロックは、パフォーマンスの改善よりも、信頼性の改善を狙って投入されている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Jenson Button
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース