バンドーン「マクラーレンが僕を選ばなければ、別の選択肢がある」

ストフェル・バンドーンは、マクラーレンが彼を選択しなかったとしても、フルタイムF1ドライバーに昇格できると考えている。

 昨年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、今年はスーパーフォーミュラに参戦しつつ、マクラーレンのリザーブドライバーを務めている。今年のバーレーンGPでは、欠場したフェルナンド・アロンソの代役としてF1デビューを果たし、10位でフィニッシュしている。

 アロンソはすでに2017年のマクラーレンとの契約を交わしている。そのチームメイトについては、現在のレギュラードライバーであるジェンソン・バトンか、バンドーンのいずれかになるものと考えられている。

 F1テストが行われていたシルバーストンで、バンドーンは次のように語った。

「来年の主たる目標は、F1に昇格することだ。それは変わっていないよ」

「もちろん、僕はマクラーレンと契約を交わしている。だから、来年もこのチームにいたいと思っている。僕はエンジニアたちとたくさんの時間を過ごしてきたし、完璧な準備をしてきたと感じている」

「僕にはこれ以上できることはない。僕はただ、ドライブしなきゃいけないんだ」

 しかしバンドーンは、マクラーレンだけが2017年にF1デビューする際の選択肢ではないと言う。

「僕はこのチームでレースをしたいと思っている。しかし、僕はいつも言ってきた。僕にはわからないけど、なんらかの理由があった場合、他にもオプションがあると思う」

 バンドーンには、いくつかのチームが関心を示していると考えられている。例えばルノーはそのうちのひとつ。ルノーのレーシングディレクターであるフレデリック・バスールは、バンドーンがGP2時代に在籍していたARTグランプリのトップを務めていた人物である。

スーパーフォーミュラは”利益になっている”

 前述の通り、バンドーンは今季スーパーフォーミュラにフル参戦をしており、デビュー戦で早速表彰台に上がっている。

 スーパーフォーミュラにおけるバンドーンの成長について、ホンダにモニタリングされているのかと訊かれたバンドーンは、次のように答えた。

「僕がそこ(スーパーフォーミュラ)でやっていることについては、みんなが気にしていると思うよ」

「今年については、来年のための準備の1年と位置付けている。僕の目標は、来年F1のレギュラーシートを獲得することだ。そのために、リザーブドライバーとしての僕の役割に集中してきた」

「スーパーフォーミュラに参戦することは、僕にとってとても良い利益になっている」

関連ニュース:バンドーンインタビュー「スーパーフォーミュラの厳しい状況に対処できれば、強くなれる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Stoffel Vandoorne
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース