ピレリ「2017年の新タイヤは、F1に”素晴らしい”結果をもたらす」

ピレリが2017年シーズンに投入を予定している新しい”幅広”のタイヤは、F1のラップタイム向上に大きく寄与する。

 来年投入予定の新しいタイヤは、これまでF1で使われてきたタイヤよりもフロントは60mm、リヤは80mm、それぞれ幅が広くなる。当然、タイヤの重量は重くなるが、ラップタイムの向上に大きく寄与すると考えられている。

 タイヤはまだ実走テストすら行われていない状況だが、ピレリのマルコ・トロンチェッティ・プロベラ会長は、新タイヤの導入はF1にとって素晴らしいことだと語る。

「それはすごくパワフルだし、力強さを感じさせる。風洞で行われた最初のテストでは、それが驚くべき結果をもたらすことが証明されている」

 そうプロベラ会長は言う。

 プロベラ会長は、新タイヤの開発は、2011年からF1のタイヤサプライヤーとして業務を続けてきたピレリにとって、”非常に魅力的”な課題だったという。

「それは大きな変更だ。技術的なことを言えば、我々にとっては非常に魅力的だ」

「人々は非常に熱心に取り組み、可能な限り最高のパフォーマンスを進んで提供している。そして、そのタイヤは素晴らしい結果をもたらすだろう。なぜなら、コンマ数秒速く走るためには、クルマやエンジンで多くのことを行わなければならないからだ」

「このタイヤは、ラップタイムを秒単位で向上させることができる。これは、タイヤの重要性をよく示していると思う。タイヤだけが、地面に接しているんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ pirelli