ピレリ、フェラーリによる最初の”ワイドタイヤ”テストを開始

F1のタイヤサプライヤーであるピレリは、2017年用”ワイド”タイヤを履いたフェラーリSF15-Tの画像を公開した。

 セバスチャン・ベッテルは本日、フィオラノサーキットにおいて2017年のエアロバランスに改造した2015年マシンSF15-Tを走らせている。そして、そのマシンには2017年から導入される、ピレリの幅が広いタイヤが装着されている。

 ベッテルは、この日のテストの全てを担当する予定で、火曜日からはその任務をハースのエステバン・グティエレスが引き継ぐ。

 ベッテルは午前中にスリックタイヤを履き、数周のインスタレーションラップを完了。そしてそのあと、人工的に濡らされたサーキットで、インターミディエイトタイヤとウエットタイヤのテストを行う予定になっている。

 なお、水曜日にもこの2017年用のピレリ”ワイド”タイヤのテストが行われる予定で、これはレッドブルが担当。舞台をムジェロに移し、スリックタイヤでの走行が重ねられる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース