ピレリ、ベッテルのバーストはデブリが原因と結論

ピレリはオーストリアGPで起きたセバスチャン・ベッテルのタイヤバーストは、デブリによって引き起こされたと結論付けた。

 セバスチャン・ベッテルの右リヤタイヤは、オーストリアGPの27周目に入った途端にバースト。ベッテルをリタイアに追い込んだ。

 スーパーソフトタイヤでスタートしたベッテルは、最初のスティントを伸ばした。そして、他のライバルがピットインした結果、その時点でベッテルは先頭を走っていた。

 ピレリはベッテルのバーストについて、タイヤの磨耗が原因ではなく、コース上に落ちていたデブリによって引き起こされたと結論付けた。

「オーストリアGPでセバスチャン・ベッテルの影響を与えたタイヤの問題の分析が終了し、結果はフェラーリと共有されている」とピレリは声明で述べている。

「レースで使用された他のタイヤとの詳細な比較により、問題のタイヤ自体には疲労や構造的な欠陥の兆候を認めることができない」

「その結果、問題はデブリによって引き起こされたと思われる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース