ピレリ、強化版のプロトタイプタイヤをテスト

ピレリは、ベルギーGP金曜日のフリー走行で、強化された実験的なタイヤをテストする。

 昨年のベルギーGP決勝レースで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルのタイヤが突然バーストした。これはチェッカーまで残り2周という段階のことで、3位のポジションを失ったこと、そして”危険な目”にあったことに対し、ベッテルはレース後にピレリに対して不満を述べていた。

 ピレリは、スパ・フランコルシャンがタイヤのラバーに高い負荷を掛けることを理解している。そしてその予防策として、プロトタイプのタイヤをテストすることを選択した。このプロトタイプタイヤは「縁石または他の外的要因によって引き起こされる結果から、タイヤを保護する」という。

 このプロトタイプタイヤにはピレリのロゴが付けられず、全ドライバーに2セットずつが提供されるという。

 昨年のベルギーGPでは、ベッテルのタイヤは決勝レース中にバースト。またニコ・ロズベルグも金曜日のフリー走行でタイヤのバーストに見舞われた。

 このような事故を防ぐため、ピレリはそれ以降、各チームにタイヤの最低内圧制限を課すことになった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
記事タイプ 速報ニュース
タグ pirelli