「ピレリのタイヤテストは不公平」とウイリアムズのパット・シモンズ

ウイリアムズのパット・シモンズは、2017年タイヤの開発テストに協力する3チームは、「大きな」アドバンテージを得ると主張している。

 メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームは、ピレリの2017年タイヤの開発テストに協力することに合意している。このテストでは、2017年のダウンフォースレベルをシミュレーションするため、ダウンフォースを大幅に増したテストマシンを用意することになる。

 FIAとピレリは、テストで収集されたデータをすべて確保し、そのデータを全チームと共有するとしている。しかしシモンズは、実際にテストを担う前述の3チームには、大きなアドバンテージがあると信じている。

「私は、それがものすごいアドバンテージだと思う。それについては、検証する必要があるだろう」と彼は説明する。

「彼らはブラインドテストを行うが、そのコメント及び実際にタイヤを”使う”ということは、常にアドバンテージになる」

「以前同様のテストを行った際には、彼らは『こういうタイヤを作る』とか『そういうタイヤを作る』と言ったことはなかったと確信している」

「彼らが何をしているのかといえば、テストし、そして話をしているんだ。『これは良いね。でもこっちは良くない』と。その上でピレリは『オーケー。我々はこれを前進させたい』と言うだろう」

「今、他のチームは『実際には我々は違う方が良いと思う』なんてことを言ってるかもしれない。そして、多くの議論がなされたことだろう。それによって、テストを担当したチームは、アドバンテージを得ていると思うね」

タイヤを選択する時期

 シモンズは、2017年開幕直後に行われるレースのためのタイヤ選択を、早期に行うべきではないと主張する。もしそれを行えば、3チームのアドバンテージはさらに拡大してしまう事になると、彼は信じているのだ。

「今、我々はタイヤを選ぶことができる。しかし、その発注は非常に早い段階で行わなければならない。最初の2レース用のタイヤを発注するのは、クリスマス前なんだ」

「2月にテストが始まるまでには、すでに6レース分のタイヤが選択されている。そんなの見た事ないよ。その時点ではそのタイヤをマシンに履かせた事はないし、何も知らないんだから」

「持ち込むタイヤを選択できるというのは、とても良い事だし、レースに味付けを加える事にもなる。しかしそのルールは、来年の上半期に、フェラーリ、メルセデス、そしてレッドブルにとって本当に大きなアドバンテージになるだろう」

「非常に良いルールだから、取り除く事はしたくない。しかし、すべてのチームにはテストを担う余裕はない。その差をできるだけ軽減するため、我々は本当に何かをする必要があると思う」

裕福なチームのみ、タイヤを知ることができる

 ウイリアムズは、ピレリのテストを担当することに手を挙げたチームのひとつだったが、最終的にはこのようなプロジェクトを担う余裕がなかったという。

「我々はそのためのデザイン作業をたくさん行った。しかし、テストの体制整えたり、その作業を担う準備を始めた際にコストを見積もった結果、明確にそれを行うことができると判断できなかった。ただ、それを行うだけの余裕が我々にはなかったんだ。我々のようなチームにとって、それは高すぎた」

「ピレリは、そのテストについてある程度負担している。しかし、すべてのコストをカバーしているわけじゃない。だから、我々にはそれを行う余裕がなかったんだ」

「それは、このスポーツにとって素晴らしいことじゃない。そうだろ? 十分なお金を持っている場合のみ、タイヤのことを知ることができるんだから」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ pirelli, symonds