ファンにとって”画期的”なF1とハイネケンの契約発表か?

F1はカナダGPの際、新たなパートナーシップを発表する予定である。これは、ハイネケンとの契約であると考えられていて、それはファンにとって”画期的なモノ”であると、関係者は示唆している。

 F1の最高責任者であるバーニー・エクレストンは、カナダGPの木曜日に、新しい「F1グローバルパートナー」に関する契約の締結を発表する記者会見を行うと明らかにしている。

 案内状にはこのパートナーについての記述はないが、これはハイネケンとの7年間に及ぶ2億5000万ドル(約275億円)以上の契約なのではないかと、パドックでは噂されている。

 ある関係者によれば、これはコースサイドにハイネケンの看板が取り付けられるだけではなく、F1チームとのタイアップも含むという。そしてハイネケンの存在により、F1がソーシャルメディアを通じてファンと交流する方法が変わると考えられている。

ソーシャルメディアの活用

 ハイネケンは、生活にスポンサーシップを持ち込むために懸命に働くことが知られており、これまでにない方法でF1の魅力を世界中で利用すると考えられる。

 ハイネケンはサッカーとの関わりを通じて得た教訓を、F1にも持ち込むことを熱望しているようだ。そしてそれは特に、新しいメディア・チャンネルを活用する方法であるとみられる。

 サッカーで最も成功したキャンペーンは、チャンピオンズリーグにおける”ジレンマ”の広告展開である。同社は、F1でも同じようなアイデアを考えていると示唆されている(”ジレンマ”とは、友情とVIPチケットのどちらを選択するのか迫られるという内容のCM。詳細は以下の動画を参照していただきたい)。

 ハイネケンがどんな活動を行う予定なののか、現時点では不明であるが、カナダGP前にモントリオールで行われる記者会見で、その詳細が明らかにされることが予想されている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ heineken