フェラーリ「オーストリアでのタイヤ戦略は失敗ではなかった」

フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、オーストリアGPでのタイヤ戦略は誤りではなかったと主張している。

 フェラーリはオーストリアGPで勝利を狙えるものと見られていた。しかしレースでは、物事は悪い方向に向かってしまった。

 スーパーソフトタイヤを履いてスタートしたセバスチャン・ベッテルは、そのタイヤでできるだけ長いスティントを走るように試みていた。しかし27周目に右リヤタイヤがバーストし、彼は勝負権を失ってしまった。一方キミ・ライコネンは、ほんの小さな不運で最後にレッドブルのマックス・フェルスタッペンを抜くことができなかった。

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、フェラーリは戦略について、いかなる失敗も犯していないと主張する。そして、ベッテルのトラブルは予想外だったとしても、ライコネンの戦略は、彼を2位でフィニッシュさせるのに十分なものだったと語る。

「彼(ベッテル)は特定の周回数をこなすはずだった。そして、彼はタイヤについてのフィードバックをもたらす予定だったし、我々もそれを彼に尋ねていた」とアリバベーネは説明する。

「テレメトリーからも、セバスチャンからも、そしてタイヤのセンサーからも、いかなる兆候も感じることはできなかった。しかし、突然タイヤは壊れた。なんの兆候も無しにだよ。パフォーマンスは大丈夫だった」

「セバスチャン同様に、キミも良好だというフィードバックを我々にもたらしていた。だから走り続けることを選択した。そして、リカルドをオーバーテイクすることができたんだ」

「リカルドを抜いた後、最終ラップのターン3で、フェルスタッペンを抜くチャンスがあったんだ。しかし、そこでは黄旗が振られていたんだ。皮肉なことにね。彼らはとてもラッキーだったよ」

 アリバベーネは、フェルスタッペンは2度目のピットインを行うため、ライコネンがすぐにポジションを回復するだろうと考えていたと説明する。

「我々はレッドブルが再びピットインすると考えていた。我々のデータは非常に正確だったからね。だから我々はリスクを取ってピットインしたんだ」

「それでもデータによれば、キミはレース終了の2周前にフェルスタッペンを抜けるはずだった。そして、我々は実際のそれにすごく近付いたんだ」

「もしセバスチャンのタイヤが壊れなければ、彼は表彰台に上っていた可能性は高かった。表彰台のどの位置かは分からないけどね」

 ベッテルのタイヤトラブル原因について、日曜日夜の時点ではピレリから何の説明もなかったとアリバベーネは言う。

「何が起きたのかを理解するには、まだ時期尚早だよ」とアリバベーネ。

「縁石もしくはその他の要因あったのかもしれない。我々は原因を理解するため、ピレリと話をしている。他のチームは問題なく働いていた。本当に不思議なんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース
タグ maurizio arrivabene