フェラーリ「フェアではない判断によって表彰台が失われた」

メキシコGPレース終盤でのベッテルとレッドブルのバトルの決着に対し、フェラーリとレッドブルが心境を語った。

 メキシコGP決勝後、FIAはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、レッドブルのダニエル・リカルドからポジションを守るためにブレーキング時のライン変更を行ったことに対しペナルティを科した。ベッテルは表彰式後に3位から5位へ転落した。

 ベッテルを罰するスチュワードの決定は、リカルドに3位、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に4位をもたらした。フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、イタリアGP以来の表彰台を失ったことに対し、深く動揺したと語った。

「我々は100%、表彰台に値する。チームとドライバーは素晴らしい仕事をした」

「残念ながら、その結果はFIAによって剥奪されてしまった。いくつかの点で過剰であり、不公平な判断によってね」

正しい判決

 アリバベーネに不幸が起きた一方で、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、その結果に疑いを持っておらず、ベッテルがFIAにより処罰されるべきだと信じていた。

「日本GP以来、ブレーキング時のライン変更について多くの議論がなされてきた」とホーナーは語った。

「明確な判決が先週末に下された。明らかに(ベッテルによって)それは行われた」

「その議論のない以前のレースならば、とりあえず大丈夫だったんだろう。しかし、ルールはその意義を明らかにした」

「セバスチャンは10秒のペナルティを受けることになった。それにより我々のドライバー(リカルドとフェルスタッペン)が3−4位に浮上している」

「だから我々は少しイレギュラーなシナリオを辿ることとなった。マックスが3位でレースを終え表彰式前の控室に入り、セバスチャンが表彰台に登り、結局ダニエルがレッドブルにトロフィーを持ち帰った」

「スチュワードがベッテルに対し、正しい判決を下したことを嬉しく思っている」

【関連ニュース】

メキシコGP決勝レースレポート:ハミルトン51勝目の勝利、8秒354差でロズベルグを下す

フェルスタッペン、5秒ペナルティで3位から5位へ

ベッテル、危険運転でレース結果タイムに10秒加算のペナルティ

インシデント後のベッテル「今誰かとぶつかった気がしたんだけど」

フェルスタッペン「ベッテルは学校に戻った方がいい」

ベッテルの振る舞いを批判するマルコ。「4度のチャンピオンにふさわしくない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース