フェラーリ、レッドブルのペースを見るにつけ「ミスするところだった」

レッドブルは中国GPの結果を持って、フェラーリから大きな”ミス”を指摘されている。レッドブルは今季、フェラーリからのパワーユニット供給を受けられる可能性があったからだ。

 英国ミルトンキーンズに本部を置くレッドブルは、メルセデスとの交渉が決裂したあと、フェラーリとパワーユニット供給に関する話し合いを行っていた。しかし、いずれのメーカーも、レッドブルの戦闘力向上を恐れ、契約に消極的だった。そして、最終的にレッドブルは、昨年同様ルノーからパワーユニットの供給を受け、”タグホイヤー”のバッジをつけて使用するようになった。

 今シーズンのレッドブルは、予想されたよりも力強い戦いを演じている。中国GPではダニエル・リカルドがフロントロウを獲得し、ついにはダニール・クビアトが、メルセデス、フェラーリについで表彰台の一角を占めた。

 フェラーリ社長のセルジオ・マルキオンネは、パワフルではないパワーユニットを使いながらも戦闘力を発揮するレッドブルを見て、パワーユニット供給を断った会社の判断は正しかったと考えている。

「我々は大きなミスを犯すところだった」とマルキオンネはレッドブルへのパワーユニット供給を拒否した件について語る。

「彼らは我々の前にいてはいけないんだ。予選でのミスを見て、それを確認した」

三つ巴の戦い

 メルセデスのモータースポーツ部門のボス、トト・ウォルフは、レッドブルとの契約が彼らにとって最善の策ではないことを分かっていたので、当初から契約を断固
反対していた。しかしレッドブルの中国での活躍を見た後は、これにフェラーリを加えた三者による、三つ巴の戦いになることを歓迎している。彼は、フェラーリを封じ込めるのに、レッドブルが役立つと考えているのだ。

「彼らのレースペースを見れば、非常に強いことがわかる」とウォルフ。「彼らが将来復活してくるだろうことは、リカルドがパンクによって勝負権を失ったことを見ればわかるだろう」

「彼はベッテルに対して競争を仕掛けた。それはみなさんイメージできるだろう。この週末を見る限り、彼らはかなりのパフォーマンスを手にしたようだ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Ferrari , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース