フェルスタッペン、ルノー新PUはポジティブ

マックス・フェルスタッペンは、水曜日にバルセロナで初めて試したアップデート版のルノー製パワーユニットに好感触を得た。

 ルノーのアップグレード版パワーユニットは、当初カナダGPから投入される予定だった。しかし現時点では、予定を1戦前倒ししモナコから投入することを待望する声が、様々な方面から上がっている。

 このパワーユニットは、バルセロナで行われている合同テストに持ち込まれ、フェルスタッペンの他にチームメイトのダニエル・リカルド、そしてルノーのケビン・マグヌッセンとエステバン・オコンによってテストされている。そして特にマグヌッセンは、このパワーユニットを、できるならばモナコGPで使用したいと認めている。

 フェルスタッペンも、この日のテストでトップタイムを記録した後、新しいパワーユニットは”ポジティブなステップ”と表現する。

「僕はポジティブだと思う」とフェルスタッペンは言う。

「今日は主に、その数値と信頼性を確認したかった。そして、それはとても良かったと思う」

「僕らは特にトラブルに見舞われることもなく、1日中走行を続けることができた。僕は、このクルマにもっと慣れなければいけなかった。今日はとても良い1日だったと思う。ステアリングホイールで新しいことをしようとすると、すべては完全に動いた」

「僕らは色々なことを試した。すべてはとてもポジティブだったように見えた」

 フェルスタッペンは、モナコに新しいパワーユニットが投入されるなら、それを歓迎すると認めた。

「僕らは常にもっとパワーを欲している。そうだよね?」

「モナコは、僕らにとって大きなチャンスだと思う。でも、最初は僕らはゆっくりとそれらを構築し、そして最後にはどうなるか、そのうちわかると思う」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナ5月合同テスト
サーキット サーキット・デ・バルセロナ-カタルーニャ
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース