フェルスタッペン「レッドブルはメルセデスに近い」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルはイギリスGPにおけるメルセデスへの挑戦者第一候補であると考えている。

 マックス・フェルスタッペンとチームメイトのダニエル・リカルドは、トップタイムを記録したメルセデスのルイス・ハミルトンのすぐ後ろ、2番手と3番手でセッションを終えた。

 フェルスタッペンは今回、レッドブルの方がフェラーリより前にいると考えている。そして、まだそれを判断するのは時期尚早ではあるものの、メルセデスにも挑戦できるかもしれないと期待している。

「とても良い1日だった。僕らには競争力がある」とフェルスタッペンは言う。

「ここでのドライブを楽しんだよ。セクター2は風の影響を受けたためにちょっとトリッキーだったけど、でも問題ないと思うよ」

「僕らはとても満足している。僕らはとても速い。そして、メルセデスのマシンもそれほど遠くはない。ポジティブな1日だったと言えるだろう」

「ここは若干パワーが重要なサーキットだ。しかし、中高速コーナーもある。だから、僕らに向いているんだ。良い1日だった。アタックラップも良かったんだけど、それ以上にロングランが良かったんだ。それにはかなり満足しているよ」

 メルセデスに挑戦することができるかどうかと聞かれた際、彼は次のように答えた。

「それを言うのはまだ少し早いね。彼らはまだかなり速くなるだろう。僕らが彼らの後ろにいることができれば、2番目のチームだということだ。それはとても良いことだよ」

リカルドも楽観的

 チームメイトのリカルドも、レッドブルが強く見えたことに同意する。

「ルイスと比較すれば、僕らはかなり良さそうだ」と彼は言う。

「彼らが今日、持てる力をすべて出し切ったとは確信できない。しかし、僕は今日の僕たちのポジションに満足している」

「ロングランは、先週に比べて非常に競争力があるように見えた」

「まだクルマから引き出すことができるモノがもう少しある。ソフトタイヤを履いた際には、燃料を多く積んでいたからね」

 フリー走行2回目の最後、リカルドのマシンのギヤボックスには問題が発生した。しかし彼は、今晩中に解決できることを期待している

「正直に言うと、ギヤが変更できないという警告があった。それで1周か2周だけ失ってしまった。僕らは今晩、解決すべき時間を持っている。今晩それを整理し、そして問題が深刻でないといいね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Daniel Ricciardo , Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース