ブラウン、メルセデス離脱の理由を暴露。「ラウダとウルフは信頼できない奴ら」

ロス・ブラウンは、2013年をもってメルセデスを離れた理由について、ニキ・ラウダとトト・ウルフを信頼できなかったからだと語る。

 2009年、ロス・ブラウンはホンダからチームを引き継ぎ、ブラウンGPとしてF1を1シーズン戦った。ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロを擁したチームの戦闘力は凄まじく、バトンが6勝、バリチェロが2勝を挙げた。これでバトンがワールドチャンピオンに輝くと共に、チームもコンストラクターズタイトルを獲得するという快挙を達成した。

 このシーズン終了後、ブラウンはチームをメルセデスに売却。メルセデスF1チームとして再スタートを切った。

 ブラウンはこのメルセデス時代のことについて、11月に発売される自身の著書の中で語っている。

「私に押し付ける人々を、私は信用できなかったんだ。それが、メルセデスで起きたことだ」とブラウンは語った。

「私は、彼らが何をしようとしていたのか、本当に全くわからない。というのは、ニキ(ラウダ)が私に何かを言う。しかしその後、私は他の人から、彼が全く別のことを言っていたと聞かされるんだ」

 ブラウンはウルフに対しても批判的なコメントをしている。これは、かつてF1チームの代表を務めたこともある、コリン・コレスによって記録されたものだ。

「だから、私は根本的に信頼できないと感じた人々に対して、対処し始めることにしたんだ。アプローチという面で私を失望させた、チーム内の人間に対してね」

「その後、2013年の初めには、私はパディ・ロウがチームに参加する契約を結んでいたことを発見した。それは、シュトゥットガルトで署名されていたんだ。私がこの件についてトトとニキに確認した際、彼らはお互いに非難し合った」

 この年の終わり、ブラウンはメルセデスF1チームを去っている。

「私は彼らを信頼できなかった。私が彼らに戦争を仕掛けて、彼らを取り除きでもしない限り、将来が見えなかったんだ。信頼できないと感じている人々とは、未来がない」

 ブラウンは、チームのトップレベルの人間が、そのような状況に陥っているのを見たことがないと指摘する。

「私はそのようなことに直面したことはない。おそらく私は、このプロジェクトに、苦難を乗り越えようとする情熱を感じることができなかったんだ」

 ブラウンは、ラウダとウルフがマネジメントの役割を与えられていることと同様、メルセデスチームの株主になったことについても、理解できないと語っている。

「すべてを複雑にしているのは、ニキとトトが株主になったことだと思う。メルセデスは興味深い決定を下した。私には、全くもって理解できないがね」

「彼らの考えは、関わっている人々を管理したいというものだった。株主になることで、チームから尊敬を集められるという考えも持っていたと、私は思う」

「部分的には自分のチームになるわけだ。株主になることで、口先だけではなく権力を手にする。それが彼らの望んでいたことだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース
タグ ross brawn