ヘルメットのカラーリング変更。年1回に限り可能に

FIAは、F1ドライバーがシーズン中にヘルメットのカラーリングを変更することを、1回に限り許可したことを確認した。

 2015年に導入されていたルールに基づき、F1ドライバーはシーズン中にヘルメットのカラーリングを変更することを禁止されていた。これはセバスチャン・ベッテルのように毎戦カラーリングを変更すると、ドライバーを認識するのが難しくなるとの判断から採用されたルールだ。

 ドライバーは当初このルールを受け入れたが、一部ゆとりを持たせることができるよう、FIAに対してロビー活動を行っていた。これにより、FIAはドライバーに対し、各シーズン1回に限りカラーリングを変更すること合意し、モナコGPを迎えた。

 FIAのスポークスマンは「我々が、彼らが1レース、例えばホームグランプリに限って特別なデザインのヘルメットを使用する権利『ジョーカー』を与えた」と語っている。

 ルイス・ハミルトンやフェリペ・マッサなどは早速この権利を活用し、モナコに特別カラーリングのヘルメットを持ち込んだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース