ベッテル、2017年の”ワイド”ピレリタイヤの初テストを担当へ

セバスチャン・ベッテルは、2017年から導入される幅広のピレリタイヤをテストする最初のドライバーになることがわかった。

 ドイツGP翌日の月曜日、フェラーリはフィオラノで、2017年用サイズのピレリタイヤのテストを行うことになっている。このテストで試されるのはウエットタイヤで、初日の走行はセバスチャン・ベッテルが2015年マシンを使って担当、翌日はエステバン・グティエレスがこのテストを引き継ぐ。

 その後、場所をムジェロに移し、水曜日と木曜日にドライタイヤのテストが行われる。このテストを担当するのはレッドブルで、ダニエル・リカルドがドライブすると予想されている。

 ピレリの新しいウエットタイヤ用のコンパウンドには、ベッテルの腕が非常に重要だと考えられるいる。彼は、現在のドライバーの中でも、現在のウエットタイヤに対して最も批判的なドライバーなのである。

 先週のハンガリーGPの再、ベッテルはウエットタイヤについて、次のように語った。

「公平に言えば、僕らが現在持っているエクストリームウエットは、決して良くはない。そして、実際に過去に批判されている。しかし、それは変更されていない。だから、批判も変わっていないんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース