ベッテル、アップデート版PUは「全く新しい」と評価。しかし「メルセデスに勝つのは難しい」

ベッテルはイタリアGPでフェラーリが行ったPUアップデートに対し、ポジティブな感触を得たようだ。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルはパワーユニットのアップデートに対し、最終的な結論を出すのはイタリアGPの後にしたいと述べた。

 フェラーリは、金曜日の2回のフリー走行で明らかに”2番手”のマシンだった。その日のFP2で3位だったベッテルは、トップタイムのルイス・ハミルトン(メルセデス)から0.453秒の差をつけられており、レッドブルで最速のマックス・フェルスタッペンとの間にはコンマ数十秒の差があった。

「これは新しいエンジンだよ」

 ベッテルはアップグレードについて語った。

「やるべきことをやったエンジンだから、かなりポジティブだと思う」

「金曜日にはこのエンジンで色々なことを試してみたよ。次に僕たちは明日と明後日で、どこのポジションに行けるか確認するんだ」

「まだ金曜日だから、決勝や予選に比べたらまだ重要じゃない。しかし、エンジンを試せたことはとても重要なんだ。僕らはまともな速さを持っていると思う」

「僕らは、今僕らがいる位置から進歩していかなきゃいけない。僕は、マシンからもう少し引き出せると思う。マシンのフィーリングはいい感じだよ。でも、すべてのコーナーで感触を上げる必要がある。それ以外の第一印象はポジティブだよ」

 しかしベッテルは、メルセデスに勝つのは難しいだろうと認めた。

「金曜日の悪いニュースといえば、メルセデスがかなり脅威的に見えたことだ。昨シーズンと状況が似ている。彼らはここで非常に強そうなので、その点でいえば、何も変わっていないね」

「僕たちは明日はいい1日が過ごせると思うんだ。マシンにはもっと改善する余地があるし、自分自身だってまだ課題がある。メルセデスにもっと近づいていけると思うよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット モンツァ
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース