ベッテル、エンジンとギヤボックスを交換

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、エンジンに加えてギヤボックスも交換することを決めた。

 セバスチャン・ベッテルは昨日の予選Q1で、右リアのアンチローバーが折れてしまい、最下位のタイムしかマークできなかった。彼は左コーナーで3つのタイヤが浮いてしまった状態で走行していた。

 ベッテルはQ2に進出できるタイムを出せていなかったが、アンチロールバーの修復に十分な時間はなかったため、決勝を最後尾からスタートする。

 ペナルティを受けずにパワーユニットのコンポーネントを交換できることがベッテルにとって唯一の救いであり、チームはパーツの交換を決めた。

 すでにベッテルは、エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hが使用制限に達しているため、フェラーリはその三種類の6つ目のコンポーネントを投入した。これによって、残りのレースでパワーユニットをより管理しやすくなると考えられる。

 さらにフェラーリは、新しいギヤボックスを使用することも決めた。本来ならば5グリッド降格ペナルティを受けるが、ベッテルはこれ以上グリッドを下げることができないため、最後尾のままとなる。

 ハースのロマン・グロージャンもギヤボックスを交換しており、彼は5グリッド降格で20番手からのスタートになる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース