ベッテル”カモメ事件”を熱弁。ハミルトンも2ストップ計画に言及

ベッテルはレース中に2羽のカモメとコース上で遭遇、「最悪の瞬間」だったと主張。一方ハミルトンは2ストップの予定だったことを明かした

 先頭を走っていたセバスチャン・ベッテルは、ターン1でロックアップさせてしまった。この時彼は、コース上に佇む鳥を発見し、それを踏まないようにコーナーのエイペックスを避けて通ったのだ。

 表彰式の直前、ベッテルはレース勝者のルイス・ハミルトンと、これについて話していた。

「バーチャル・セーフティカーが発動される前の周、僕がターン1に到達した時、僕は2羽のカモメを見つけたんだ」と、ベッテルは語る。

「彼らはただそこに座っていたんだ。完全にリラックスしていた。僕は速度を保ってそこに近づいた。僕のクルマは赤いから見やすいはずなんだけどね。ルイス(ハミルトン)のクルマのように、風景には溶け込んでないはずなんだけど」

「それは鳩ではなく、カモメだった。くちばしをしっかりと見たからね。彼らの名前は知らないけど、彼らはそこにいた。僕のレースにとって、最悪の瞬間だったよ」

ハミルトンは”2ストップ”の予定だった

”カモメ事件”のリプレイを求めるベッテルだったが、その話の筋で彼は巧妙にハミルトンを誘導し、そのピットストップの計画を聞き出した。

「僕らは2ストップするつもりだった。それがプランAだったんだ」

 ハミルトンはそう答えた。

「そうだ、彼のタイヤだ。反対を行ったわけ?」

 これについてハミルトンも応じた。

「(無線で)彼は『プランB!』と言った。そして僕は『プランBって何だったっけ?』というようなことを言ったんだ。僕はそれが何か、忘れてしまっていたんだよ」

 その後、画面にはカモメ事件が映し出された。

「2羽のカモメ、分かるでしょ? 僕はエイペックスに集中していた。そしてロックアップしたんだ。動物に気づいたからね!」

 

 

 

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー Lewis Hamilton , Sebastian Vettel
記事タイプ 速報ニュース