ベッテル、フェラーリの今後のアップデートに期待

フェラーリはまだ今季中にアップデートを投入する予定であり、ベッテルはそれに期待していると話した。

 先週マリーナベイ・ストリート・サーキットで行われたシンガポールGPで、セバスチャン・ベッテルはポディウムに挑戦するという希望を持っていた。しかし、予選の際にリヤのアンチロールバーが折れてしまったことにより、十分なタイムをマークできず、最後尾からのスタートを余儀なくされ、その希望は打ち砕かれてしまった。ベッテルは決勝で見事なリカバーを見せ5位でレースを終えたが、それが精一杯であった。

 コンストラクターズ選手権において、レッドブルはフェラーリを15ポイント差でリードしているが、フェラーリはまだ今季用のアップデートを計画しており、それによってより良い結果を出せるだろうとベッテルは考えている。

「もし僕らが正しいことをしていれば、もっといい結果を出せると思う」とベッテルは説明した。

「僕らは、自分たちには競争力のあるパッケージがあるということをわかっている」

「様々な要素や原因があって、僕らの望んだようにはならなかったレースもあるし、そうじゃなかったレースもある。しかし、これまではまだ僕らが望んでいたような結果は出ていない」

「僕は自分たちを信じている。時々良くなったり悪くなったりで、未熟であることを考えても、僕らは望んでいる場所にはいない。でもシンガポールのようなサーキットでは、基本的に差は縮まっているはずだ」

「僕らはコンペティティブになれると思う。いつでも勝てるチャンスはあるし、ポディウムを争える。残念ながら、まだ僕らはそうなっていないけどね」

「でも自信はある。もうすぐ形になるんじゃないかな。僕たちは戦うためにここにいるんだし、それが僕らのやっていることだ」

 フェラーリのチーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、今後投入予定のアップデートについて明らかにすることはしなかったが、チームはよりハードに仕事をしていると話した。

「あと6レース残っている。コンストラクターズ選手権で2位になりたければ改善していく必要がある。いたって普通のことだ」とアリバベーネは語った。

「これが我々のやっていることだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース