ベッテル「フェラーリの信頼性に懸念はない」

セバスチャン・ベッテルは、フォーメーションラップでリタイアしたものの、フェラーリの信頼性については懸念を持っていないと主張している

 ベッテルは、エンジントラブルによって、レースにスタートすることができなかった。

 チームメイトのキミ・ライコネンも開幕戦オーストラリアGPでターボのトラブルに見舞われており、フェラーリにとっては2戦連続の、パワーユニット関連のトラブルでのリタイアとなった。

 フェラーリの信頼性について心配しているかと問われたベッテルは「全然!」と答えている。

「オーストラリアでキミがリタイアしたのは驚きだった。でも、僕らはその問題を修正したし、同じ問題が起こったのでなければ、心配する必要はないよ」

 そうベッテルは付け加える。

 予選3位をフイにしてしまったベッテルは、リタイアについては非常に苛立たしいと語る。

「煙が出るのが見えたんだ。だから、マシンを止めることにしたよ。なぜかって? それは僕にも分からないよ。明らかに苛立たしいね」

「エンジンにダメージがあるのか、それとも無いのか……それを確認する予定だよ」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース