ベッテル「フェラーリは5位や6位を争うためにここにいるわけじゃない」

セバスチャン・ベッテルは、ホッケンハイムでのペースの欠如は「僕らにいつものような速さがないから」と考えている。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、彼のホームグランプリであるドイツGPを6位からスタートする。このポジションは、メルセデスから約1秒遅れ、レッドブルからは約0.6秒遅れたものだった。

「僕は予選で、快適さを全く感じられなかった」とベッテルは言う。

「僕は最後のアタックをとても満足していたんだけど、ただ十分に速くはなかったんだ」

「他のみんなが先に行ってしまったことについて、僕らはその原因が何にあるのか、理解しておく必要があるよ」

「全体的にはまともな結果かもしれないけど、僕らは5位とか6位でレースを終えるためにここにいるわけじゃない。僕らは予選でポールポジションを獲り、そして日曜日に優勝するためにここにいるんだ。僕らはメルセデスが現時点では素晴らしいのは知っている。そして、それが難しいこともね」

「レッドブルはフェラーリよりも先に一歩を踏み出したと思うか?」と尋ねられたベッテルは答えた。

「誰かが前進したということは、そんなに重要じゃないよ。しかし今日の午後、僕らは落ちてしまった。フォースインディアと比較してもね」

「公平に言っても、僕らはいつもほど良くなかったと思う。だから、僕らは幾つかのことを理解しなきゃいけない」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ドイツGP
サーキット ホッケンハイム
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース