ベッテル、ベルギーGPスタート直後の事故について、ライコネンに謝罪

ベッテルは、ベルギーGPスタート直後のターン1での接触について、ライコネンに謝罪した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、ベルギーGPスタート直後の1コーナーで、接触してしまった。そしてそのイン側には、スタートの失敗を取り戻そうとしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンがいて、彼もこの接触に巻き込まれる形となった。

 多くの人々は、ベッテルが横に並んだ3人のトップに立つために、内側の2台に対して十分なスペースを与えていなかったのではと疑った。そして、レース後にビデオを見たベッテルは、ライコネンに謝罪をしたという。

 謝罪を受けたライコネンは、次のように語った。

「それは明らかに不幸な出来事だった。彼は僕に『申し訳ない』と言ったし、僕も『問題ない』と答えた。そして僕らは前に進んでいく。関与した3台にとって、理想的な状況ではなかった。しかし、それは時々起こりうることだ。確かなことは、次の機会にはもっと多くのスペースを残すということだ」

 ベッテルはイン側にライコネンしかいないと思い、そのためスペースを閉じたと語った。彼は、フェルスタッペンがイン側からポジションを取り戻そうとしていたことに、気づいていなかったのだ。

 ベッテルは言う。

「あんまり話せることがない。何が起きたのかは明らかだ。僕はキミだけがインにいると思っていた。しかし、3台のクルマが並んでいたのが分かったんだ」

「僕はキミのためだけのスペースを空けたのであって、3台のためのものではない。マックスは戦いの対象外だったが、僕は彼がいないと思っていたんだ。ミラーではそれほど多くのことが見えない。キミがいたのは見えて、そして僕はその少し前にいた。もし再び同じようなことが起きたら、もちろん僕はさらに多くのスペースを空けるようにするよ」

「3台が関与してしまったのは残念だった。コーナーをうまく脱出することができなくて、表彰台のためのレースができなくなってしまったんだからね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース