ベッテル「ライコネン続投を決めたフェラーリの判断は正しい」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、チームが2017年も引き続きキミ・ライコネンを起用するという決定を支持している。

「正しいことだと思うよ」とベッテルは話した。

「僕たちはふたりともかなりハードにプッシュしてる。僕らの主な目標は選手権リーダー、つまりメルセデスをを捉えることだ」

「僕たちにはやるべきことがたくさんある。これまでキミと話してきたことは重要だし、状況は落ち着いているから、僕たちは仕事に集中できる」

「おそらく僕とキミは、パドック全体の中でいちばんエゴのないペアだ。これはチームにとってもいいことだ。同じ方向に向かって仕事をしているからね」

「これまでのように、コース上ではハードにレースをしていて、ポジションを争ってきた。これはコース上では普通のことだと思う。マシンを降りても、何の問題もないよ」

 ライコネンが、ベッテル自身との最も良好な関係を享受しているかどうかと尋ねられたベッテルは、次のように答えた。

「彼とは全くしがらみがない。簡単に言うとね」

「全般的に、僕はチームメイトとはうまくやってきた。あちこちに問題はあったけどね。でもキミとは政治的なことはないんだ」

「すべてのことが落ち着いているよ。いいことだ。僕らはエゴを出さずに済むし、チームにとっても助かると思う」

「しかるべき理由で彼はワールドチャンピオンになった。もしマクラーレンが早い段階で彼に優れたマシンを提供できたら、彼は何回もタイトルを獲れたと思う」

「彼がグリッド上で最も才能あるドライバーのひとりだということに疑いの余地はないよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース