ベッテル、リカルドと再び組むのも”気にしない”

セバスチャン・ベッテルは、彼のかつてのチームメイトであるダニエル・リカルドがフェラーリと契約を交わしたとしても、彼と再び組むことは”気にしない”と語る。

 リカルドは、ベッテルが彼のF1キャリアを通じて、唯一シーズンランキングで後塵を拝したドライバーである。2014年、ふたりはレッドブルに在籍し、リカルドはランキング3位、ベッテルは5位だった。

 リカルドは、スペインとモナコでチームのミスにより勝利を失って以来、フェラーリへの移籍が噂されている。ベッテルは実際にリカルドがフェラーリに移籍してくることになっても、反対することはないだろうと語る。

 その可能性について訊かれたベッテルは、次のように語った。

「僕は14年に彼と一緒にレースをしたけど、僕らには何の問題もなかった。彼のことは、その前から知っていたしね」

「彼が来ても気にしないよ。彼のことは好きだからね。彼はすごく強い男だと思うし、明らかに14年には良いシーズンを送った。去年と今年に関しては、判断するのが常に難しいね。内部で何が起きているのかは分からないから。でも、僕は彼が素晴らしい男だということを知ってる」

「でも、(リカルドがフェラーリに来るのかどうかは)僕が決めることじゃないからね。誰かと契約を結ぶのは、僕の仕事じゃない。僕はチームともそんな話はしていない。まだ話すような段階にはなっていないんだろう。僕らは今、前を行くチームとのギャップを埋めるために奔走しているんだ。それが、最優先だよ」

 ベッテルはまた、リカルドとのチームメイトとしての仕事にやり残しがあったとは感じていないと付け加えた。

「2014年については、僕は見ていたモノと、人々が見て、そして覚えているモノとは違うんだと思う」

「みなさんはいつも、結果だけを見る。それは単純すぎるよ。しかし、物事は常にそう簡単ではないんだ。学校のテストと同じだよ。誰かが1位と獲ったとする。彼のその1位には、いろんな理由があるものなんだ」

 ベッテルはしかし、現在のチームメイトであるキミ・ライコネンとの関係に、非常に満足しているという。

「僕らは間違いなくいい関係を築いている。彼とはとても働きやすいんだ。仕事をする上で気が散ってしまうようなトリックや駆け引きを、心配する必要はないからね。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Daniel Ricciardo , Kimi Raikkonen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース