ベッテル「完全に戯言」と無線制限の改訂を一蹴

セバスチャン・ベッテルは、新しい無線制限について「完全に戯言」と批判の言葉を緩めなかった。

 FIAは、イギリスGPでメルセデスのニコ・ロズベルグがペナルティを受けたことをきっかけに、無線のレギュレーションの一部を改訂、ハンガリーGPを前に発表した。

 これによりトラブルに見舞われたドライバーは、基本的には問題を改善するためにまずピットインするか、もしくはリタイアしなければならないことになる。問題の発生を無線でドライバーに伝える際には、ピットインやリタイアの指示など、”撤回不可能な文言”を入れなければならないという要素が追加されたからだ。

 このレギュレーション変更は、ガイドラインの明確化を願うチームの求めに応じたものだが、この問題に関する長期的な論争に、セバスチャン・ベッテルは不満を露わにしている。

「完全に戯言だよ。すべての無線の問題は、冗談みたいなものだと思う」

 ハンガリーGPを前に、ベッテルはそう語っている。

「ドライバーがラジオでパニックになり、そしてチームも同時にパニックになるというのを見た。観客として見れば、非常に面白かった」

「僕はそれが僕たちのスポーツでの人間的な要素だったと思う。それは間違いなく、非常に複雑だし、そして技術的なんだ」

「僕はこれ(無線制限が改訂されたこと)は間違った方法だと思う。無線で多くのことが禁止されてしまえば、すごく退屈になってしまうだろう。僕はそのポイントがよく分からないんだ」

テクノロジーの進化

 無線でのサポート禁止は、技術が複雑化していく中では間違った方法であるとベッテルは主張する。

「それを変更するなら、クルマを変える必要があるよ」

 そうベッテルは語る。

「じゃあV12エンジンに戻そう! そしてマニュアルギヤボックスにし、ピットレーンのスピードリミッターと無線用のふたつのボタンにするんだ。それならば問題ないよ。それだけ確認すればいいんだからね。そしてそれ以外の、面倒を見なければいけない電子機器があまりないなら……すべてのモノを記憶しなきゃいけないなんて、まったく意味のないことだよ」

「今ステアリング上にあるボタンには、すべて理由があるんだ」

「例えば1995年のステアリングホイールを見れば、あるいはまだパドックの周辺にいる専門家と話をすれば、彼らがどんなレースをしていたかが分かる。クルマのテクノロジーは今よりシンプルだったから、レースもずっと単純だったんだ」

「これは僕らドライバーの間違いじゃない。クルマはその頃と比べてとても複雑になったんだ。それにより、マニュアルと、それを完璧に操作するボタン満載したステアリングホイールを必要とするようになった」

「僕たちは少し間違った方向に行ってしまっていると思う。それは悪いことだと思うよ。僕らは、何をしたいかということをちゃんと言えるように戻す必要があると思う」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース