ベッテルの振る舞いを批判するマルコ。「4度のチャンピオンにふさわしくない」

ヘルムート・マルコは、ベッテルのメキシコGPでの行動を、世界チャンピオンにふさわしくないと批判している。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、メキシコGPの決勝の終盤に、ベッテルの前を走る、3番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がポジションを守るためにターン1を直進したのを見て、チームラジオで激怒した。

 ベッテルはファイナルラップでもラジオで、フェルスタッペンとF1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングを侮辱する言葉を放った。結局、フェルスタッペンはこの件でレース後にペナルティを受け5位となり、ベッテルが表彰台に上った。

 レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは、「この状況は4度のチャンピオンにふさわしくない」と語った。

「彼が選んだ言葉は、間違いなく”ファーストクラス”ではない」

 ベッテルはレース後の記者会見で、ラジオでのコメントについてホワイティングに会いに行ったが、そのことについて詳細に語ることを拒否した。

「どうして大騒ぎになって、質問をされるのかわからないよ」とベッテルはスカイ・スポーツに答えた。

「間違いなく、それは言っていいことではなかった。でも、自己弁護のために言うと、僕はアドレナリンで感情が高ぶっているんだ。どうして君たちが僕を隅に追い詰めて、何かを答えさせようと繰り返すのか、わからないよ」

「敬意を払って、僕は彼(ホワイティング)に会いに行って、自分が何をしたのか言ったんだ。僕は彼が気付いていたと思う。そして、それでおしまいだ」

 彼にホワイティングが何を言ったのか問うと、ベッテルは「余計なお世話だよ」と答えた。

チームのサポートを受けていたフェルスタッペン

 マルコは、フェルスタッペンはチームからのサポートを受けていたと語り、フェルスタッペンに科されたペナルティに対して疑問を呈した。

「我々は彼をサポートしていた。ペナルティは理解できるものではない。彼らは(ペナルティを科すのに)異なる基準を使っていて、それは許容できない」

 マルコは、ベッテルがダニエル・リカルド(レッドブル)のオーバーテイクをディフェンスする際に、ラインを変えたと語った。

「ベッテルはリカルドの前を横切り、彼をトラックから押し出そうとした。私はあんな大きなライン変更を見たことがないよ。彼はリカルドに全くスペースを残さなかった」

「ベッテルは完全にリカルドに向かってターンインした。まさにこれが、”アンチフェルスタッペン”ルール(ブレーキングゾーンでのライン変更禁止)が禁止していることだ。私には理解できない、複雑な政治が絡んでいる。我々はただ、公平な決定を望んでおり、抗議はしない」

 ベッテルは、表彰台に上ってシャンパンファイトを行ったが、リカルドとの1件で審議対象となっており、その後ベッテルに10秒のタイムペナルティを科せられた。これにより、リカルドが3位となり、5秒のペナルティを受けたフェルスタッペンの後ろ、5位となってしまった。

【関連ニュース】

メキシコGP決勝レースレポート:ハミルトン51勝目の勝利、8秒354差でロズベルグを下す

フェルスタッペン、5秒ペナルティで3位から5位へ

ベッテル、危険運転でレース結果タイムに10秒加算のペナルティ

インシデント後のベッテル「今誰かとぶつかった気がしたんだけど」

フェルスタッペン「ベッテルは学校に戻った方がいい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー Max Verstappen , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース