ベルギーでF1デビューのオコンは、カーナンバー『31』を選択

ベルギーGPでマノーからデビューするエステバン・オコンは、カーナンバーとして、思い入れのある『31』を選択した。

 2014年からは、すべてのドライバーが、F1でのキャリアを通じて使用するカーナンバーを選択することになっている。しかしチャンピオンだけは、カーナンバー『1』を使うか、自身のナンバーを使用するか選ぶことができる。

 2013年にGP3でチャンピオンを獲得したフランス人のエステバン・オコンは、自身のナンバーとして『31』を選択したとマノーがインスタグラムで明らかにした。

 彼は2007年に『31』をつけて小さなカートの大会で優勝し、それが彼にとって初めてのナショナルタイトルとなった。

 彼は以下のようにツイートしている。

 

「今公式になったんだけど、僕はレースナンバーとして『31』を選んだ。僕はこのナンバーと共に、初めてナショナルチャンピオンシップに勝ったんだ!」

 

 19歳のオコンは、以前ルノーでフリー走行を行った際には『45』を使用していた。

 メルセデスのドライバー育成プログラムの一員であるオコンは、マノーからリオ・ハリアントに代わってベルギーGPから出走することになっている。ハリアントは、資金不足によってシーズン後半のシートを獲得できず、リザーブドライバーに就任することになった。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Ocon
記事タイプ 速報ニュース