ペレス「チームに政治的な要素がないのが重要」

セルジオ・ペレスは、チーム内には政治的な要素がないおかげで、全員が働きやすい環境にあると話す。

 フォースインディアは昨年、コンストラクターズ選手権で5位を獲得し、チームの過去最高成績となった。その流れが今年にも続いており、現在はウイリアムズと選手権4位を争っている。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスにとって、この好成績を説明するのは簡単なことだ。つまり、チームが団結して働いている、ということである。

 なぜチームが重圧をはねのけることができたのかとmotorsport.comが尋ねると、ペレスは以下のように説明した。

「それはチーム構造の話だよ。スタッフも技術面のことに関しても、僕たちのチームには本当に素晴らしい人たちがいる」

「チームには政治的なものがないから、彼らは自分の仕事をできるんだ」

「チームの環境は本当に重要だ。みんなはチームを良くするために働いているし、それがカギなんだ」

「莫大な予算があって大勢のスタッフがいる大規模のチームだったら、そういうチームにいることも良いと思う。だけど、そういうところでは他の人と対立して働くのも容易なことだ」

「素晴らしいスタッフと一緒に良いチームを作るのは重要だし、それぞれの役職には、自分の仕事を正確に行うとても重要な人たちがいる。チームに優秀な代表者がいることに加えて、そういうことがチームにとって非常に大切だ」

シーズン冒頭から弱点を克服

 2016年は最初の5レースで13ポイントを獲得し、9レースを終えたところで2回の表彰台を含め、95ポイントを獲得した。

 このように好調を保つためのカギとなったのは、フォースインディアのマシンVJM09の弱点を突き止めることだった。そしてその弱点とは、深刻なタイヤのでグラデーションだった。

「今シーズンを振り返ってみると、いいレースをしてポディウムに上がったこともあったね。今年は本当に強いよ」

「僕たちが競争力のあるマシンを持っていることはわかってる。だけど、僕たちは早くから、タイヤのあらゆる部分のデグラデーションが大きことに悩まされていた」

「これがかなり重要だ。今年の早い段階から、弱点となる部分に焦点を当てきた。このおかげで僕たちはかなり助かっているよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース