ペレス「チームは戦略で非常に大きな仕事をした」

セルジオ・ペレスは、モナコGPで彼を3位に導いたチームの戦略を賞賛する。

 ピットストップでニコ・ロズベルグを抜いたペレスは、レース終盤にセバスチャン・ベッテルとの一騎打ちを制し、3位表彰台に位置を得た。

「僕は非常に満足している。僕のチームは、ピットストップの戦略で、非常に大きな仕事をした。僕たちにとっては素晴らしい1日だったよ。僕の3位表彰台は、チームのモノだよ」

「これは、モナコで得た特別なモノの一つだ。特にこのようなレースコンディションならね」

「僕はこの表彰台を、チームのボスであるビジェイ・マリヤに捧げたい。今彼は、非常に指示されている」

「僕らは、最適なコールをしたと思う。そして、僕らにとって最適なタイヤは、ソフトタイヤだったと思う。最初、僕はペースをコントロールしていた。セブ(ベッテル)はとても速かった。彼は僕よりも速かったが、僕はタイヤをセーブしていた。僕は必要な時にタイヤが残っていたので、プッシュすることができたんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー Sergio Perez
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース